2017.12.03 Sunday

痩せるためのたった1つの方法!カロリー計算をして4ヶ月で-8kgのダイエットに成功!

0

    カロリー計算をして確実に痩せる!4ヶ月で-8kgに成功したダイエット



    痩せるためのたった1つの方法



    痩せたい。
    この言葉は、誰もが1度は思い浮かぶ言葉だと思います。

    事実、私は4ヵ月前まで、10年間くらいずっとこの言葉を繰り返していました。





    そう、それこそいろんなダイエットに挑戦しました。

    糖質ダイエットだったり、ジムに行ったり、なんか変なダイエットサプリを飲んでみたり。
    断食してみたり、マラソンに出てみたり、夜ご飯を食べなかったり。

    ただ、ただ、まったく痩せなかったんですよ。これが。ほんとに。
    同じような人はけっこういると思うんです。
    いや、少しは痩せるんですよ?
    -2kgくらいは痩せるんです。
    でも、それって、きっと、そのダイエット期間に食べなかった分の食料の重さが軽減された
    だけだったんだと思います。

    だって、-2kgから全然痩せないんですもん。

    そう、ダイエットをしても痩せない人はたくさんいます。
    私もその一人でした。

    でも、さすがに10年もこんな感じで痩せない自分と戦っていて、いいかげん自分が嫌いになりそうで、
    なんだかんだ言って、太ってたらモテないし、不健康だし。
    友達はできても、やっぱり恋愛対象に見てもらえないじゃないですか。

    そんな感じで思うような恋愛もできず、きずけばもう30代半ば。

    そう、もともと22歳くらいまではいくら食べても太らなくて、食べることは好きなほうで。
    それが23歳のころから少しづつ太ってしまい26歳くらいにはいつのまにか+15kg。

    太っていても女性は内面を見てくれる、なんて勘違いをしていた時期もありました。
    いや、内面は見てくれますよ。
    たd、それは「好きになった」人が太っていても、というだけです。
    その「好きになる」行為は、先に見た目がやっぱり深くかかわると思います。

    誰もがそうですもん。
    やっぱり、見た目で有りか無しか見ちゃいますよね。

    いや、20代前半のころって、けっこう内面を見てくれると思うんです。
    みんな素直だから。

    でも、女性も28歳を超えたあたりから、そんなことは言わなくなります。
    正直、冒険をしなくなります。

    そう、そしたらどうするかというと、ダメなところがあると切ってくるんですね。
    女性はすごく現実的です。
    太っている人は、だらしないと本能的に感じてしまうのではないでしょうか。

    そんな感じで気づいてしまった最近。
    とうとうダイエットを本気でしようと決意をして、いままで失敗し続けてきた自分を見直して、
    人間の体というものの仕組みを考えてみました。


    最終的に思うのは、当たり前のことで、人間は、「消費カロリー>接種カロリー」になれば
    必ず痩せる!ということです。
    糖質ダイエットなんて必要ありません。そんなもの、ただ糖質を取らなければ接種カロリーが
    少なく済む、というだけです。
    キャベツをたくさん食べたら消費カロリーが増える、とも言いますが、そんなの微々たるものです。
    運動すれば、、とも言いますが、これもまた微々たるものです。
    そのあとにビールなんて飲んだら、何一つ変わりません。


    事実、いままでいろんなダイエットに失敗していましたが、この心理に気づいて実践した
    ところ、そこまで無理をせず4ヶ月で-8kgのダイエットに成功しました。
    ここから、もう4ヵ月続けて、学生時代の体系を取り戻すためにがんばっています。

    ただ、ダイエットの極意をつかんでしまったので、ぜひとも皆さんにお伝えしたく思いますので、
    その極意をお伝えしましょう!!


    1日に必要な摂取カロリー



    まずは、自分の1日に必要な摂取カロリーを知る必要があります。

    1日に必要な摂取カロリーとは1日に必要な食事のカロリー量となります。

    次表は「男女別、年齢別」の1日の摂取カロリーです。身体活動によって「機Э搬粒萋哀譽戰襪低い」「供Э搬粒萋哀譽戰襪普通」「:身体活動レベルが高い」の3種類に分類されています。

    まずは、自分がどのくらい活動していて、どの程度の摂取カロリーが必要なのかを確認しましょう。

    身体活動レベルからなる摂取カロリーの表

    確認できましたか?
    そのカロリーより、低いカロリーを1日摂取するようにすれば、人間は必ず痩せます。





    1kgはいったい何カロリーになるのか?



    さて、ではどのくらい減らせば、どのくらいの期間で痩せられるのでしょうか?

    さて、ここで1kgはカロリー換算すると、何カロリーになるかご存知ですか?
    そう、実は1kgはカロリーに直すと、7200kcalと言われています。

    つまり、先ほどの表で割り出した自分の1日の消費カロリーから、実際の摂取カロリーを
    差し引いて、7200kcal貯まると1kg痩せることになります。

    ぶっちゃけ、男性だったらー800kcalくらい、女性だったら-400kcalを目指しましょう。
    そうすると、おのずと出てくるのですが、男性なら9日で1kg、女性なら18日で1kg痩せることになります。

    これは気の長い話かもしれませんが、無理をしてもリバウンドするだけです。
    ダイエットとは、自分の食生活を変えることです。

    いくら瞬間的に無理をして痩せても、食生活がかわらないのなら、かならずリバウンドします。
    せっかく努力するなら、間違えていない方向に努力しましょう!

    何を食べればよい?



    ちなみに、最初は何も食べるものがない・・と思ってしまうこともあります。
    ただ、探せば、けっこうカロリーが低くておなかの膨れるものはたくさんあります。

    たとえば、生姜焼き定食。こちらは大戸屋でもごはんを入れて630kcalです。
    たとえば、チキンの入ったインドカレー。こちらもナンを入れても650kcalくらいです。

    逆に、かつ丼なんてもってのほかです。
    こちらは普通盛りですら、1200kcalくらいあります。
    メロンパンなんてひとつ500kcalくらいあります。
    天下一品のラーメンなんて、1杯950kcalくらいですよ。

    いや、いままで、正直自分もそうでしたが、何も考えず、ご飯は食べていました。
    ただ、何も考えないで食べていると、実はものすごくカロリーを摂取してしまっていて、
    それがそのまま太っていく原因になっていた模様です。

    いろいろお伝えしましたが、何度も繰り返しますが、痩せる方法はたった1つです。
    それは「消費カロリー>摂取カロリー」を心がけることです。

    この心理を大切に、みんなで理想の体型を手に入れましょう!!












    JUGEMテーマ:ダイエット



    2015.08.17 Monday

    受験生は太る?勉強しながらできるおすすめダイエット法

    0

      受験生は太る?勉強しながらできるおすすめダイエット法



      にほんブログ村 大学受験(指導・勉強法)

      こんにちは。
      受験勉強中はずっと部屋にこもっていたりして不健康ですよね。

      そうするとやはり気になるのが体重。
      食べてばかりで太りやすくなっている気がします。

      そんな受験生に健康的でおすすめなダイエット方法をご紹介します。

      1.勉強は痩せる(勉強の消費カロリー)



      まず、最初に注意しなければいけないのは、勉強をするとやせます。
      消費カロリー半端無いみたいです。

      下記ホームページで計算ができるので一度やってみて欲しいのですが、大体体重55kgの人が60分勉強すると、75kcal消費するみたいです。

      http://www.papy.in/undou_karori/kisotaisya_i.html

      と、いうことは・・・
      10時間勉強する人は750kcal。
      一ヶ月毎日続けると22500kcal。
      ちなみに人間、7500kcalほど消費すると1kgやせるといいますので・・

      なんと1日10時間勉強するひとは、1ヶ月で約3kgもやせることになります!!

      これは大発見じゃないですか?

      勉強嫌いなあなたもこんな風に思えば勉強が前向きにできませんか?


      2.勉強の合間のストレッチでやせる



      そうは言っても、本当にぶっつづけで10時間も勉強できるものではありません。
      そこで、勉強の合間に緊張したからだをほぐすこともかねて、ストレッチをお勧めします。

      両手を絡めてグーッと上に伸ばすだけでも十分です。
      気持ちがリラックスします。

      お風呂なんかでもゆったりストレッチをして、血行を良くしちゃいましょう。


      3.食欲を抑えるには・・



      勉強中は甘いものが欲しくなります。
      それは先ほども言いましたが、あんだけ消費カロリーが激しいと、すぐに糖分として吸収できる甘いものをもとめてしまうのはしょうがないです。
      そして、食事も必要以上に食べてしまいがちです。
      ただ、過剰摂取は血糖値をあげてしまい、デブのもと。

      ほどほどにしましょう。

      それでも受験生はストレスがたまります。
      どうしてもとめられないようであれば、無効化するのもひとつの手です。

      ↓ こんなのもあります。





      つい甘いものを食べてしまうのであれば、ひとつの方法かもしれません。。


      4.まとめ



      大事なのはせっかく勉強で消費したカロリーを食欲で相殺してしまわないことかと思います。
      ぶっちゃけ、ちょっとしたランニングよりはるかに消費カロリーの効率はいいです。
      必要な勉強もできますし。

      あとは無理をしすぎないように手入れをしながら長くダイエットを続けられると良いですね!













       ↓ ↓ 最後にもしワンクリックもらえたらとても嬉しいです!

      にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へにほんブログ村





      JUGEMテーマ:大学受験


      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>
      人気ブログランキング
      その他受験ブログなど
      にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
      にほんブログ村

      ブログランキング

      あいてる時間で受験勉強


      千年戦争アイギス オンラインゲーム

      受験対策本を買うなら
      おきてがみ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM